中華IT最新事情

中国を中心にしたアジアのテック最新事情

顔認識技術で、信号無視の歩行者を個人特定し、顔も晒します。中国各都市に設置された顔認識交通システムに大きな議論

中国各都市に設置され始めた交通監視システムが大きな議論になっている。歩行者信号を無視して横断した歩行者の写真を撮影し、顔認識により、名前、住所、勤務先を特定する。監視が厳しい中国社会であっても、さすがにプライバシーの侵害ではないかと大きな議論を呼んでいると捜狐が報じた。

f:id:tamakino:20170802094518p:plain

▲写真はダミー表示だが、運用開始後は、信号無視をした歩行者、自転車運転者の実際の顔写真が、このモニターにでかでかと表示される。

 

顔認識技術で、信号無視歩行者を個人特定

この監視システムは、深圳、済南、福州、重慶などの都市の主だった交差点に設置された。横断歩道が赤になったのに、停止線より先で動く物体を感知すると、4枚の写真と15秒の動画を自動的に撮影する。この写真と動画を自動的に画像解析し、人間の顔部分を抽出。さらに、公安が保有する身分証データベースに照合して、違反をした歩行者の名前、住所、勤務先を特定する。

ただし、現在は勤務先と地区コミュニティーに通知をするだけで、すぐに違反切符や罰金を科すことはしない。済南市では、5月から運用を始め、わずか3ヶ月で、6200件の歩行者、自転車の信号無視を捕捉した。一方で、多くの市民から、やりすぎだ、プライバシーの侵害だという声が上がっている。

なぜなら、街頭の大型モニターには、違反者の顔写真が次々と公開されるからだ。氏名や住所などの個人情報は表示されないものの、信号無視程度のことでひどすぎるという声が上がっている。さらに、顔写真、氏名などの個人情報は、一体どこに保存されて、どのように扱われるのかという疑問の声も上がっている。

f:id:tamakino:20170802094602p:plain

▲赤信号時に横断する歩行者を検知すると、4枚の写真と15秒の動画が撮影され、顔認識が行われ、公安部の身分証データベースとの照合が行われ、個人が特定される。

 

議論を呼ぶ顔写真のプライバシー

済南市公安局交通警察支隊宣伝所の劉暁静(りゅう・ぎょうせい)氏は、捜狐の取材に応えた。「このシステムは違反を摘発するためのものではありません。横断歩道の信号無視は、歩行者にとっては、命を落としかねない大きな危険があります。職場や地域を通じて、注意を促してもらい、安全な行動に結びつけるためのものです。顔写真は、モニターで公開しますが、氏名、住所などの個人情報は表示せず、プライバシーにも一定の配慮をしています」。劉暁静氏は、システム導入後、信号無視が明らかに減少していることを何度も強調した。

中国人民大学法学院の王宗玉(おう・そうぎょく)副教授は、捜狐の取材に応えた。「個人情報は、法律により厳格に保護されなければなりません。ただし、重要犯罪の嫌疑がある場合は、一定の範囲で個人情報を利用することが許されています。しかし、信号無視という行政処分案件が重要犯罪にあたるかどうかという点については明文規定が存在しないのです」。

f:id:tamakino:20170802094644p:plain

▲交差点に設置された顔認識システム。交通マナー向上の切り札となるか、個人情報を侵す監視社会の道具となるか、議論を呼んでいる。

 

効果は確かに上がっているとは言うものの…

このシステムが設置された交差点では、確かに信号無視が減少していて、効果は上がっている。しかし、信号無視をした人は、街頭モニターに顔が晒され、職場や地域コミュニティーから叱責を受けることになる。やりすぎなのか、交通マナーを向上させる優れたアイディアなのか、議論が続いている。